若林 愛

クラリネット・EWI・オカリナ・作編曲

誕生日:12月18日
血液型:A
出身地:横浜市
好きなもの:ラーメン

所属ユニット
木管五重奏カラフル
愛恵
君塚トリオ

洗足学園音楽大学を優秀賞を受け卒業。卒業演奏会、ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。東京ミュージック&メディアアーツ尚美コンセルヴァトアールディプロマ科を修了。
クラリネットを角田晃・伊藤寛隆の両氏に、室内楽を山根公男氏に師事。

2007年に若林をリーダー&1stクラリネット奏者とするクラリネットユニットCOLORFULを結成。

・第五回ク

記事一覧(32)

EWI練習 吹き方

EWIのLESSONをしている中でよく息苦しい!と悩んでいる生徒さんがいらっしゃいます。ブレスセンサーの感度を変えることで吹奏感を好みに調節することもできますが、吹き方にも苦しくならないポイントがあって。EWIはもともと息の抜け道が狭いのでいっぱい息を吹き込もうと思っても息が入らない。息の余る楽器です。腹式呼吸がしっかりしていて細く長く息を入れ続けられる方は息の量のコントロールすれば良し、息が余ったりしっかり吹き込んでニュアンスを出したい場合は、マウスピースをくわえている口の両端から息を逃がしながら吹くと吹奏感や呼吸が楽になります。下記写真も参照くださいませ。①普通にくわえますね。これで十分すぐ演奏できます。余談ですが私個人的にはあまり深くくわえすぎなくても良いかなと。歯の当たる位置は先端から1cmくらいでしょうか。これくらいの深さでも噛み込んだ時にビブラートセンサーもちゃんと反応してくれます。口の両端から息を逃がしたい時。このやり方が分からないとよく質問を頂くのですが、②笑顔を作って口角を横に引っ張る。③②で作った口の形そのままくわえる。そうすると、口角は横に引っ張られているので勝手に隙間が空いて勝手に息は逃げていきます。